パソナグループ

PBS、トヨタ自動車との共同研究 第2弾"植物と共生しながら働く空間が人に与える効果"の研究を開始

  • News&Topics
  • PBS、トヨタ自動車との共同研究 第2弾"植物と共生しながら働く空間が人に与える効果"の研究を開始
2019年11月13日 配信

【ニュースリリース】PBS、トヨタ自動車との共同研究 第2弾"植物と共生しながら働く空間が人に与える効果"の研究を開始


当社は、健康経営ソリューション「COMORE BIZ(コモレビズ)」の更なるサービス向上を目指し、トヨタ自動車株式会社との共同研究 第2弾、“植物と共生しながら働く空間が人に与える効果”に関する研究を2019年11月から開始しました。

詳細は下記をご覧ください。



COMOREBIZ

コモレビズは、ワークプレース(職場環境)をライトプレース(人間に最適な自然環境)に近づける「バイオフィリア」理論で健康経営を促進し、持続可能な日本の未来に貢献します。バイオフィリアを具現化するバイオフィリックデザインとは、人工的な環境下において、人と自然のつながりを創造し、人の健康と幸福を向上させる空間デザインです。

お気軽に
ご相談ください。

お電話での
ご相談はこちら

0120-551-036

9:00 - 17:30 (平日)

各サービスの導入事例を
ご紹介しています。

サービスの資料が
ダウンロードいただけます。