ドローン施設管理・スクールサービス

ドローン施設管理・スクールサービス

ドローンによる施設点検や撮影、操縦をもっと身近に

「ドローン」と聞いて想像するのは、テレビなどでもよく見る「空撮」ではないでしょうか。
しかし、現在ドローン活躍の場は大きく拡大しており、「点検」「測量」「災害対応」「警備」など、さまざまな場面で活用されています。
PBSでは施設管理に携わる総務の現場や、企業活動に関するさまざまなシーンでドローンを活用することで、お客様の課題を解決するサービスを提供しています。

こんなお困りごとはありませんか?

ドローン施設管理・スクールサービス

・高所作業車や足場を設置しての施設点検は、「時間」と「お金」がかかる
・狭い場所に人が入って点検しているが、「安全性」に不安がある
・人による点検中は、設備を長時間止めなくてはならず非効率

・災害後の施設点検で、天井裏や配管内など見えない部分の確認が困難
・ドローンを利用してみたいが、法律や手続きがわからない
・社内でドローンを操縦できる人材を育成したい

ドローン施設管理・スクールサービス

この他にもドローンで解決できないか?というお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。

ドローン施設管理・スクールサービス

※周囲の環境によってはドローンを飛行できない場合があります。

ドローン点検サービス

高い場所を安全に点検

ドローンなら点検作業に足場や高所作業車を必要としないため、費用や作業時間が削減できます。
また、老朽化した設備へのダメージなども防ぐことができ、安全面にも貢献します。
ドローンで撮影した画像は、すぐに確認することが可能です。

<ポイント>
・足場や高所作業車が不要
・ズーム機能で離れた場所からも点検可能
・点検後に要改修項目の報告~改修工事実施までワンストップで対応

ドローン施設管理・スクールサービス

暗く、狭く、危険な場所の点検

"暗く、狭く、汚い"そんな過酷な場所も、専用のドローンを使用し、業界最小クラスの直径50㎝の内部まで撮影することができます。
また、ドローンの活用で点検期間が短縮され、施設や工場の稼働率が向上します。さらに危険な所へ作業員が入る必要がなくなるため、安全面にも貢献します。

<ポイント>
・作業員が立ち入れない場所も対応可能
・暗いところでも鮮明に写すLED、カメラをドローンに搭載
・点群化、3D 化、オルソ化などの画像処理にも対応

ドローン施設管理・スクールサービス

赤外線を使った点検

太陽光パネルや外壁等の不具合を放置しておくと、劣化や最悪の場合は事故にもつながります。
赤外線カメラを搭載したドローンであれば、効率的に点検が可能です。

ドローン施設管理・スクールサービス

撮影画像を解析して見える化

より詳細な情報やデータの2次利用などを目的に、撮影データから、点群化、オルソ化、3D化などの画像解析までワンストップで提供します。

<ポイント>
・紙ではなくデジタルで画像の管理・比較が可能
・目視ではバラつきがちな点検精度をデジタル化で向上

ドローン施設管理・スクールサービス

鳥獣被害(カラス・カワウなど)に困っている

ドローンに搭載したスピーカーから、鳥獣が嫌う音を発することで追い払いや、ドローンを使用して樹木に鳥獣除けのテープを設置することで、被害を軽減します。
※生物が対象のため、絶対的な効果を保証するものではありません。

ドローン施設管理・スクールサービス

ドローン点検サービス ご利用の流れ

ドローン施設管理・スクールサービス

ドローン撮影サービス

空からの撮影

航空写真を撮影する場合、従来はセスナ機などをチャーターする必要がありましたが、ドローンを使用すれば、手間と費用を削減することが可能です。
また、リアルタイムで映像を確認しながらの撮影も可能なため、撮影現場での細かいご要望にも対応します。

<ポイント>
・空撮費用の削減
・自由な高度、アングルから魅力的な映像を撮影
・建造物など対象物に近づいての撮影も可能

ドローン施設管理・スクールサービス

広い敷地も効率よく測量

センサーやカメラを搭載したドローンを使用し、効率的に広範囲の地形を測量することができます。また、撮影データをもとにオルソ画像や3Dモデルの作成も可能です。

<ポイント>
・作業時間を削減
・作業員が入れない場所も対応可能
・3Dデータを利用した各種解析が可能

ドローン施設管理・スクールサービス

災害後の状況をいち早く確認

災害発生時に安全な場所から、いち早く現場の状況を確認することができます。
また、事前に災害頻発地の正常時の様子を撮影しておけば、被災時に正常時との比較が容易となり、被害箇所の特定もしやすくなります。

<ポイント>
・被害状況の概略をいち早く把握可能
・安全な場所から操縦するため二次被害防止
・災害前と後の比較も可能

ドローン施設管理・スクールサービス

ドローン撮影サービス ご利用の流れ

ドローン施設管理・スクールサービス

ドローンスクール

ドローンについて学びたい

ドローンを安全に飛行させるためには航空法等に関する知識と、操縦技能が不可欠です。
PBSでは国土交通省の所定要件を満たした団体と連携し、必要な知識と技術を学ぶドローンスクールを開催しています。

<ポイント>
・3人以上の申し込みで出張対応可能
・講習後も継続したフォローを実施
・さまざまな受講者特典

ドローン施設管理・スクールサービス

ドローンを体験してみよう

トイドローンを実際に使用し、ドローンの操縦方法や飛行マナーなどを簡単に楽しく学べる体験会を開催しています。
ドローンの良さを知った上で、身の回りのお困り事を遠慮なくご相談ください

<ポイント>
・どなたでも体験可能(小学生以上)
・イベントの集客コンテンツとしてもご活用いただけます

ドローン施設管理・スクールサービス

ドローンスクール 受講までの流れ

ドローン施設管理・スクールサービス

ドローンサービスの強み

  • 飛行に関係する手続きは全てPBSにおまかせ。飛行制限の確認から、関係機関への申請まですべてPBSが対応します。
  • ドローン点検で、不具合や問題を発見して終わりではありません。その後の改修工事から対策施工まで、ワンストップで対応します!
  • ドローンで撮影・編集して終わりではありません。データ加工や印刷はじめ、SNSなどを使用したプロモーションまでワンストップで対応します!
  • ドローンなら高いところはもちろん、狭くて暗くて危険な場所も撮影することが可能です。
  • 費用を抑えて、ちょっとした撮影をお願いしたい、というご依頼にも対応しています。

よくあるご質問

ドローン施設管理・スクールサービスに関するよくあるご質問です。

サービス費用はどれ位ですか?

撮影条件やフライト内容により異なるため、お打ち合せ後に都度お見積りいたします。

ドローン点検・撮影に制限事項はありますか?

近隣に空港や重要施設などがある場合は、制限がかかる可能性がありますので、事前に調査を行います。
また、お客様の所有地でない場合は、所有者への届出・許可が必要ですが、PBSにて代理交渉も可能です。

日本国内であれば、全国どこでも対応可能ですか?

全国対応可能です(別途、出張費用がかかります)。

事前に行う手続き・行政などへの届出にはどんなものがありますか?

国土交通省をはじめ、近隣に空港や重要施設などがある場合は、関係機関に個別に申請が必要です。PBSではフライトに関する手続きをすべて対応します。

ドローン点検・撮影は何名で行いますか?

基本的には操縦者+安全監視員の2名体制で実施します。

当日の撮影中止は有り得ますか?

気象条件が悪い場合など(雨天・強風時)は、延期させていただく場合があります。

ドローン点検・撮影の結果はどのような形で納品されますか?

DVD-Rなどをはじめ、お客様のご要望に応じた形で納品いたします。また、静止画などは印刷して額入れなども可能です。

撮影内容が動画の場合、編集など追加作業の依頼も可能ですか?

字幕、ナレーション、エフェクトなどの編集をはじめ、SNSなどを使用したプロモーションの代行なども可能です。

総務BPOサービス

総務アウトソーシング・BPOアウトソーシング・総務業務委託

お気軽に
ご相談ください。

お電話での
ご相談はこちら

0120-551-036

9:00 - 17:30 (平日)

各サービスの導入事例を
ご紹介しています。

サービスの資料が
ダウンロードいただけます。