パソナグループ

PBSの強み

  • PBSの強み

PBSの強み

当社の強みは、「社会の問題点を解決する」というパソナの企業理念の下に培ってきた人材活用ノウハウと、総合電機メーカーであるパナソニックでの多種多様な業務経験をベースに、あらゆる業種業態のビジネスプロセスを分析し、ノンコア業務とコア業務を適切に振り分け、課題整理、業務設計、運用改善を実施します。
貴社がコアビジネスに人材・資源を集中できる環境を作ります。
PBSの強み パソナ×パナソニック

2017年、当社は新たに『ビジネスコンシェルジュ』というテーマを掲げました。
ビジネスコンシェルジュは、お客様に寄り添い、『企業が思い描く未来』を当社のBPOサービスで実現します。

※BPOとは
Business Process Outsourcingの略で、業務の一部または全部を一括して外部に委託すること。自社の基幹業務に人材や資源を投下できる。

当社が「ビジネスコンシェルジュ」の方針を打ち出した背景

日本を取り巻く市場環境

ご承知の通り、わが国では現在、少子高齢化に伴う「労働人口減少」という問題に直面しています。
総務省によれば、2020年までにわが国の労働人口は、現状の5%近く(約330万人)ほど減少するといわれています。
この社会構造の変化を前に、企業が行うべきこととは何か。
その一つに、企業が進むべき未来像を見つめ、現状の「リソース」と「ノウハウ」の過不足を認識し、最適化する「BPOの実施」が挙げられます。

コンシェルジュ型BPOのプロ集団だからこそできること

PBSが考えるBPOとは、一般的な「業務整理」だけではなく、企業の未来を実現するための「業務改善」を指します。時には、「業務改革」と呼べるような劇的な変化をもたらすこともあります。
そのために必要な人材が、設計を行うコンサルタントと、それを実現するプロジェクトマネージャーです。
多面的な知識を有したコンサルタント陣が、経営陣へのヒアリングなどを通して現状を把握。綿密な分析を経て、それぞれのコア・ノンコア領域を整理し、BPOの設計を行っていきます。
その後、プロジェクトマネージャーが、コンサルタントの設計を実現すべく、業務の再現性などを考慮しながら、BPOを実現していきます。
PBSは、パナソニック時代に多くの業務改革を経験しており、その知見を広く活用することで、BPOを成功させています。

業務分析

01

詳細設計

02

導入準備

03

運用改善

04

ご相談お待ちしております

電話アイコン0120-551-036

9:00 ~ 17:30( 平日 )