デジタルサイネージの活用方法とは?用途・目的にあった活用法をご紹介

  • コラム
  • デジタルサイネージの活用方法とは?用途・目的にあった活用法をご紹介

デジタルサイネージの活用方法とは?用途・目的にあった活用法をご紹介

デジタルサイネージは、近年場所を問わず増加している、ディスプレイなどの電子機器にて情報を発信する媒体です。大都市部の巨大ビジョンが代表的な例ですが、昨今ではエレベーターの小型ディスプレイや公共施設の案内パネル、タクシーの後部座席などさまざまな場所でデジタルサイネージが用いられています。
デジタルサイネージの大きな強みは、情報量の多さと表現自由度の高さにあります。そこで今回は、有力なPR戦略のひとつであるデジタルサイネージについて、その仕組みや利用するメリットをわかりやすくご紹介します。

目次

    そもそも、デジタルサイネージとは?仕組みや機能を解説

    デジタルサイネージとは、電子ディスプレイなどの情報機器を利用して企業のPR広告や施設情報などのコンテンツを配信するシステムです。静止画だけでなく映像・音声なども配信することができるため、従来の看板広告に比べて発信できる情報量が格段に増加しています。
    デジタルサイネージは、機能によって主に「スタンドアロン型」「ネットワーク型」の2種類に分けられます。ここでは、それぞれの型の違いをご紹介します。

    スタンドアロン型

    スタンドアロン型とは、動画や画像、イラストなどのコンテンツを、HDDなどの記録媒体やメディアに保存して表示するデジタルサイネージです。
    あらかじめ登録したデータを再生して配信する、というシンプルな仕組みで運用することができるため、ネットワーク環境の整備などにかかる費用や手間もなく、比較的導入しやすいと言えます。
    ただし、配信できる内容はあらかじめ登録したコンテンツに限定されるため、汎用性に限りがあるという欠点もあります。

    施設案内や小売店の販促などでの利用が多く、新たなプロモーション手段として「試しにデジタルサイネージを小規模で導入してみたい」という場合におすすめです。

    ネットワーク型

    ネットワーク型は、デジタルサイネージ自体をインターネットに接続し、機器単体でコンテンツのダウンロードから配信までを行うことができます。設置場所や台数を問わず、オンライン上から配信コンテンツの内容を一元管理できるため、特に大規模なプロモーションや全国展開するチェーン店のPR手段として有効です。

    ネットワークを利用した汎用性の高さが特徴で、天気予報やニュースなどの情報の配信や、時間帯や地域によった配信内容の出し分けをすることもできます。SNSのハッシュタグ機能との連携やタッチパネルを利用したユーザー参加型のコンテンツの配信など、インタラクティブ(双方向)広告の配信においても役立ちます。

    配信するコンテンツはブロードキャスト?インタラクティブ?

    デジタルサイネージの種別は機能面以外にも、配信内容によって分類することができます。 ユーザーに対して一方的に同一の情報を届けるコンテンツは「ブロードキャスト型(単方向)」と定義され、ユーザーのアクションが「配信内容の視聴」に限定されます。主に特定の商品やブランドのPRに用いることが多いようです。
    一方、ユーザーが配信内容に対してアクションを起こせるコンテンツは「インタラクティブ型(双方向)」と定義されており、SNSへの投稿やクーポンコードの配信など、キャンペーンの宣伝などに用いられています。

    デジタルサイネージを活用するメリット

    従来の看板広告とは比べものにならないほど、デジタルサイネージで配信できる内容は多岐にわたります。そのため、活用にはさまざまなメリットが存在します。

    柔軟性の高さを活かした表現力

    デジタルサイネージ最大のメリットともいえるのが、プラットフォームとしての柔軟性の高さです。 ネットワークへ接続することで、リアルタイムな情報配信やタッチパネルの利用による配信内容の双方向化を可能にしており、より目的とするターゲット層の興味関心に絞った内容を配信できます。
    加えて、ディスプレイ自体の視認性の高さや映像の美しさ、動画というコンテンツを活かしたメッセージ性の高さなど、表現力の面も大幅に向上しています。

    利便性の高さによる運用コストの削減

    デジタルサイネージのメリットとして、配信内容のリッチ化と共に、利便性の高さによる運用コストの削減という点が挙げられます。
    たとえば、PRする対象や広告としての用途を変更したい場合でも、配信するコンテンツを変更すれば簡単に実現できます。
    特にネットワーク型の場合、デジタルサイネージが何台存在しようと配信内容を一元管理できるため、運用にかかる費用や工数を大幅に抑えることができます。

    デジタルサイネージの用途とは?

    以上のようにさまざまなメリットがあるデジタルサイネージですが、具体的にはどのような用途で利用すればよいのでしょうか。

    ブランディング・販促プロモーション

    デジタルサイネージの代表的な利用用途が、プロモーションへの活用です。企業の価値を高めるブランディングや、販売を促進するPRなどに用います。
    従来はポスターなどの掲示広告が一般的でしたが、昨今はデジタルサイネージを取り入れた動的な情報発信や映像コンテンツの配信などが増えています。前述したデジタルサイネージの情報量の多さや汎用性を活かしてユーザーの注目をより集める広告が、至るところで見られます。

    情報の配信・共有

    デジタルサイネージは、PR以外にもさまざまな情報を発信するメディアとして用いられています。たとえばニュース速報や天候情報などの一般的な情報や、災害時の行動ガイドラインや緊急情報など、有事の際に必要な情報を配信することができます。
    加えて、配信地域に特化した観光客向けの地域情報や、商業施設のガイド情報を伝達する活用方法もあります。
    企業が自社オフィス内で社内向けの通達を発信する場合など、限定的な空間での情報共有においても有効です。

    デジタルサイネージを宣伝に取り入れるポイントは?

    以上のようにさまざまな用途で活用することができるデジタルサイネージですが、実際に宣伝活動へ取り入れるポイントはどのようなものなのでしょうか。

    配信するシチュエーションや目的、ターゲットを想定する

    デジタルサイネージによる宣伝は、インターネット上の広告と同じく、「どの層に」「どのようにして」「何を目的に」「どんな場所へ」「いつ」配信するかを入念に計画することではじめて有効な宣伝になります。
    具体的には、デジタルサイネージを設置する場所に合った端末のサイズ選びや、「購買行動の訴求」や「ブランド周知」などの目的を固めることがポイントとなります。

    デジタルサイネージの利用で重要なのは、配信するコンテンツの中身

    単にデジタルサイネージを取り入れたからといって、必ず効果が出るわけではありません。 重要となるのは、デジタルサイネージで「何を配信するか」という点です。目的・ロケーション・ターゲットに沿ったコンテンツをデジタルサイネージの特性を活かして配信することが、活用の上でもっとも重要となるポイントです。

    たとえば、パソナ・パナソニック ビジネスサービスが提供するデジタルサイネージの活用方法のひとつである 「Tagboard」では、SNSのハッシュタグ機能と連携することで、デジタルサイネージによる宣伝をマーケティング戦略の一環として活用できます。ハッシュタグに添えられた各ユーザーのメッセージを投影することで、それに反応した別のユーザーが更にハッシュタグを用いて情報拡散を行うなど、双方向だけにとどまらない展開も実現します。

    まとめ

    街頭の広告ディスプレイがデジタル化した現在、もはや広告は情報を流すだけのものでなく、ビジネスにおけるさまざまな課題を解決する「ソリューション戦略」として取り入れることができる存在へと発展しました。
    パソナ・パナソニック ビジネスサービスでは、商業施設やビジネスシーンなどさまざまな領域で活用することができるデジタルサイネージを導入から運用、コンテンツ制作に至るまで、ワンストップで提供しています。
    集客や製品PRなどにお悩みの場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

    パソナ・パナソニック ビジネスサービスのデジタルサイネージについての詳細はこちらをご覧ください。

    お問い合わせはフォームからお願いします。

    お気軽に
    ご相談ください。

    お電話での
    ご相談はこちら

    0120-551-036

    9:00 - 17:30 (平日)

    各サービスの導入事例を
    ご紹介しています。

    サービスの資料が
    ダウンロードいただけます。