パソナグループ

ウェルビーイング (Well-being)とは?オフィス変革から始める働き方改革

  • コラム
  • ウェルビーイング (Well-being)とは?オフィス変革から始める働き方改革

ウェルビーイング (Well-being)とは?オフィス変革から始める働き方改革

働き方改革が進む中、いま注目を集めている概念のひとつである「ウェルビーイング」という言葉をご存じでしょうか。「ウェルビーイング」は、労働者の健康やワークライフバランスを整えるために重要な要素である、という認識が広まりつつあります。また、海外では企業がより良い組織運営を行うために、ウェルビーイングが必要不可欠な要素であると認知されているようです。
今回はウェルビーイングの定義や意味について解説し、モデルケースとなる海外での事例や統計データを踏まえ、日本企業で効果的にウェルビーイングを取り入れるための方法についてご説明します。

目次

    そもそも「ウェルビーイング」とは?

    ウェルビーイング(Well-being)という言葉を直訳すると、「幸福」「健康」という意味になります。
    健康については、1946年に署名された世界保健機関(WHO)憲章 の前文で「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいう。」と定義されています。ウェルビーイングも、同様の意味合いで用いることが多い言葉です。

    そもそもウェルビーイングは、社会福祉の分野で利用される専門用語でしたが、近年ではビジネスの場でも使われるようになりました。
    特に働き方改革が社会全体で進む現在、企業内の就業環境や組織の在り方について議論する際に「ウェルビーイング」という概念を意識することも多くなっています。

    なぜ、ビジネスの場にウェルビーイングが必要なのか

    なぜ、近年ビジネスの場にウェルビーイングの考え方が必要とされているのでしょうか。
    ウェルビーイングがビジネスの場で重要視されだしたのは、社会における価値観の変化や慢性的な人材不足が原因と考えられます。
    日本はもちろん、世界全体で働き方だけでなく、生き方そのものについての価値観が多様化する中、旧来の自己犠牲的な働き方が見直され、自分らしく働ける環境づくりが必要とされているのです。

    また、日本をはじめ先進国では、若年人口の減少により労働力が慢性的に不足しています。一方で企業の求人ニーズは、増加傾向にあるとされています。このような「人材減・求人増」の傾向にある現代では、高給与・高待遇を謳うだけの採用活動が通用しなくなっています。
    これらの状況から、各企業では他社との差別化を図り、人材の定着率を高めるために「すべてが満たされた状態」であるウェルビーイングを重視した組織運営に注力する傾向が高まっているのです。

    海外で進むウェルビーイングの取り組み。日本の現状は?

    世界の企業でウェルビーイングの認知が進む中、日本におけるウェルビーイングの現状はどのような状況でしょうか。
    まずは、海外におけるウェルビーイングの取り組みについてご紹介します。

    心理的安全性を高め、ウェルビーイングを向上させる、Google社の「プロジェクト・アリストテレス」

    Amazon、Facebook、Appleと並び"GAFA"とも称される、巨大IT企業であるアメリカのGoogle社は、従業員の心理的安全性を保つことでウェルビーイングの向上を試みています。
    Google社内のチームによる組織研究の結果から、従業員のウェルビーイング向上が、組織の生産性向上に重要であると結論付け、「心理的安全性」という要素に着目した生産性向上計画「プロジェクト・アリストテレス」を2012年より導入しています。

    「プロジェクト・アリストテレス」の軸となる「心理的安全性」とは、対人関係においてリスクのある行動を取った際、それが受容される状態にあることを指します。
    例えばチーム内で1人のメンバーが失敗をした時に、ネガティブな反応が返ってきた場合は心理的安全性が低く、失敗を受容し、フォローされた場合は心理的安全性が高い、という視点で「働きやすさ」を分析する考え方です。
    企業内のウェルビーイング向上が、結果として生産性の向上にもつながるという考え方の具体例といえます。

    国別の幸福度ランキングが示す、日本のウェルビーイングの現状

    つぎに、国際連合が2019年に発表した「世界幸福度報告」の統計データより、日本のウェルビーイングの現状をご紹介します。

    「世界幸福度報告」によると、2016年から2018年の3年間で、国民幸福度が最も高かった国はフィンランドで、幸福度を数値化した場合7.769だとしています。
    一方で、日本は同年のランキングで世界58位、幸福度5.886と先進国の中でも低い結果を出しており、日本においてウェルビーイングはまだまだ浸透していないと考えられます。

    日本企業におけるウェルビーイングの導入について

    ウェルビーイングが今後の企業運営に重要だからといって、例えば単に福利厚生制度を導入するなどしても、効果が出るとは限りません。
    むしろ、毎日長い時間を過ごす、オフィス環境に関するアンケートの実施などで、従業員の望む社内環境や働き方、現在感じている不満などを洗い出すとよいでしょう。
    社内環境の調査により、例えばデスクの間隔が狭く集中力が損なわれるという声や、オフィス内が殺風景でモチベーションが上がらない、といった声が聞き取れるかもしれません。
    そのような現場の声に合わせて、臨機応変にオフィス環境の改善に対応していくことが、企業のウェルビーイング向上を成功させる要素のひとつです。

    ウェルビーイング向上のために導入したサービスを評価するには

    ウェルビーイング向上のために、とあるサービスを導入しても、実際の効果をすぐに見極めるのは難しい場合があります。それは、直接目に見えない要素の重なりが、企業におけるウェルビーイングの良し悪しを左右するためです。
    ウェルビーイングを重視した新しい取り組みを開始する場合は、開始をゴールとせず、継続的に働く環境が良好かを根気強く調査していく必要があります。

    パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社では、企業のウェルビーイング向上のためのサービス「COMORE BIZ(コモレビズ)」を提供しています。
    COMORE BIZ(コモレビズ)」は、デザイン化・エビデンス化・見える化で健康経営を促進する、バイオフィリックデザイン・ソリューションです。デザイン性の高いオフィス内の緑化によって、従業員のメンタルヘルス改善を促すサービスを提供しています。また、従業員のバイタルデータを計測することで、定量的な観点でウェルビーイング向上への取り組みを評価する仕組みの構築も可能です。
    自社のウェルビーイング向上への取組みを検討されている企業は、要望のヒアリングからデザイン計画・施工・メンテナンスまでをワンストップで行う「COMORE BIZ(コモレビズ)」を検討してみてはいかがでしょうか。

    お問い合わせはフォームからお願いします。

    お気軽に
    ご相談ください。

    お電話での
    ご相談はこちら

    0120-551-036

    9:00 - 17:30 (平日)

    各サービスの導入事例を
    ご紹介しています。

    サービスの資料が
    ダウンロードいただけます。