オフィス環境を改善するメリットは?効果や改善事例をご紹介

  • コラム
  • オフィス環境を改善するメリットは?効果や改善事例をご紹介

オフィス環境を改善するメリットは?効果や改善事例をご紹介

「オフィス」「職場」と聞いて、どのような空間を思い浮かべるでしょうか。
ラウンジや休憩スペースが設置されているような快適な空間ではなく、ただ机が並んでいるだけの無機質な空間を思い浮かべた場合は、オフィス環境について一度考えてみるとよいかもしれません。
オフィス環境は、従業員の作業効率に大きな影響を及ぼします。社内の生産性や作業効率の改善をはかる際には、ビジネスツールのような「ソフト面」だけでなく、オフィス環境および「ハード面」の見直しも重要です。今回は、オフィス環境の改善がもたらすメリットや具体的な事例についてご紹介します。

目次

    そもそも、オフィス環境や労働環境改善が必要な理由は?

    日本建築学会にて2014年に発表された論文では、オフィス環境が従業員に及ぼす影響について調査した結果、環境設備の改善によって「知的生産性の向上」「業務へのモチベーション向上」といった効果が見込めることが報告されています。

    この研究はとある家具メーカーの一般職員84名を対象に行われたアンケートをもとにしており、「リラックス・リフレッシュ」「集中」「気分転換」などによって作業の効率が大きく変わることがまとめられています。

    職種によって重視すべき指標は異なるものの、光や音、匂いや温度といった感覚にまつわる要素と、作業空間の広さや什器の充実、休憩スペースの確保などのレイアウトデザインにまつわる要素の両面を重視する従業員が多く、より快適な空間で作業すればモチベーションの向上によって生産性が上がるのではないか、とされています。

    この研究結果から、労働環境に対する満足度が結果的に業務の効率を左右すると考えられます。オフィス環境の改善は、従業員一人ひとりのモチベーションを上げ、組織全体の生産性を向上させるためにも必要であるといえるでしょう。

    オフィス環境の整備で得られるメリットは?

    生産性向上・モチベーション向上には、オフィス環境の改善が必要であると整理できたところで、オフィス環境を整えると具体的にどのようなメリットがあるかご紹介します。

    業務効率の改善

    たとえば、オフィスで利用する備品がまったく整理されておらず、業務に必要な備品がなかなか見つからない、ということが起こるとします。ここでもし最初から備品の格納場所がすべて決まっていたとしたら、必要なものを探すのに費やした時間をほかの作業に割り当てることができたでしょう。
    オフィス環境の不備による時間のロスをできる限り減らすために環境を改善すれば、業務効率の改善にもつながるでしょう。

    ストレスの低減

    厚生労働省が2018年に発表した「労働安全衛生調査」のなかで、労働者の58%が仕事に強いストレスを感じることがあり、そのうち59.4%が「仕事の質・量」に起因する、という調査結果が報告されています。
    また、株式会社 USENが2016年に行ったアンケート結果によると、約60%の従業員が現状のオフィス環境に満足していないと回答しています。
    オフィス環境を整備することが仕事の質を向上させ、従業員のストレス低減につながる可能性があります。

    創造性の向上

    Google社をはじめとした海外の巨大IT企業では、一般的な企業の想像を超えるようなオフィス環境が整備されています。
    Google社は企業としてのイノベーションを生み出すために、従業員の創造性向上を目指しており、一見仕事と関係のない設備への投資にも力を入れているようです。たとえば、ゲームコーナーや完全無料の社員食堂が完備されており、仮眠室や瞑想室なども常設されています。独創的なオフィス環境の整備に取り組むことで、長期的な視点での利益向上につなげようとしているのです。
    Google社を目指すことが必ずしも正解というわけではありませんが、「ただ仕事をする空間」ではないオフィスづくりに取り組むことで、創造性を向上させるというメリットが生まれるといえるでしょう。

    オフィス環境を改善するためのポイントやアイデアは?

    では、実際にオフィス環境を改善するためには、まずどのような点から着手すべきでしょうか。ここでは、改善のためのポイントや具体的な改善案をご紹介します。

    業務に最適なオフィスレイアウトを設計する

    オフィス環境を改善する上で、まず実行すべきは業務に適したレイアウトの設計です。
    たとえば、クリエイティブ色が濃い職種には、座席を定めないフリーアドレス型のレイアウトがおすすめです。自由に席を変えられるため、都度コミュニケーションをはかりたい人と席を並べて、部門をこえた意見交換を円滑に行うことができます。マンネリの解消やイノベーションの創出にもつながるでしょう。
    また特定のタスクに集中する職種には、余計な情報がシャットダウンされるように各座席を区切るブース型のレイアウトがおすすめです。 このように、それぞれの業務内容によって異なるニーズを汲み取った上でオフィス環境の改善を進めていくとよいでしょう。

    チームと個人、両方の領域を確保する空間を造る

    プライバシーが保たれていない環境では集中力が低下しがちです。とはいえコミュニケーションが取りにくい環境では、思わぬ認識のズレや人間関係に軋轢を生むといった事態を招きかねません。
    そのため、オフィス内ではプライバシーを確保できる領域と、コミュニケーションを取りやすい領域の両方をバランスよく設計することをおすすめします。

    採光や温度、空気や音など、身体的な感覚を重視する

    機能性を追求することだけが、オフィス環境の改善ではありません。
    部屋の明るさや快適な温度、 新鮮な空気、音や目に入る風景といった身体的な感覚は、実は業務の生産性向上に非常に大きな影響を与えます。
    とくに温度や空気については、生産性の低下だけでなく従業員の健康を害する可能性も考えられます。 ただ作業するだけの殺風景な空間を作るのではなく、たとえば自然界の音を流したリ、観葉植物を設置したりなどいった感覚に訴える面への取り組みも考えてみましょう。

    オフィス環境改善の事例紹介

    さいごに、オフィス環境の改善に取り組む企業の事例を取り上げます。
    ご紹介する事例は、あくまでもその組織に合ったオフィス環境であり、すべてを参考にできるとは限らないものの、自社オフィスの整備について考える上でヒントとなるはずです。

    アマゾンジャパン株式会社

    「世界最大手のECサイトを運営するAmazonの日本法人では、ボルダリングウォールが設置されています。加えて、化学調味料や農薬の少ない食材を使用した社員食堂などの設備を整え、健康的に楽しみながら働けるオフィス環境を整備しています。
    また、定期的に従業員の意見を取り入れ、常日頃からオフィス環境の改善に取り組んでおり、気分転換だけに留まらず生産性・創造性向上の追求も目指しています。

    ヤンマーホールディングス株式会社

    テクノロジーで新しい豊かさを目指すヤンマーホールディングスでは、生産性向上と知識創造を目指し、オフィスを設計し直しました。新しいオフィスではクリエイティブな発想と想像を促すために、社員たちが気軽に集まれるスペースを作り、一層のコミュニケーションが活性化される仕組みを取り入れています。

    まとめ

    オフィス環境を整備することには、さまざまなメリットがあります。だからこそ、多くの企業が従来の画一的なオフィスから、工夫を凝らした独自のオフィス環境づくりに取り組んでいます。
    とはいえ、実際に自社の状況に合ったオフィスの改善案が思いつかない場合や、オフィス環境をどのような面から改善すればよいか分からない場合もあるのではないでしょうか。
    パソナ・パナソニック ビジネスサービスでは、「COMORE BIZ (コモレビズ)」というオフィス環境改善のための空間設計サービスを提供しています。
    科学的エビデンスにもとづいたオフィスの緑化設計を行い、従業員のストレス軽減や集中力向上などを定量的な観点から追求していくサービスです。オフィス環境に課題を感じる経営層や総務担当者 の方は、ぜひご相談ください。

    お問い合わせはフォームからお願いします。

    お気軽に
    ご相談ください。

    お電話での
    ご相談はこちら

    0120-551-036

    9:00 - 17:30 (平日)

    各サービスの導入事例を
    ご紹介しています。

    サービスの資料が
    ダウンロードいただけます。