業務効率化と生産性向上の違いとは?業務の生産性を高める方法と合わせて解説

  • コラム
  • 業務効率化と生産性向上の違いとは?業務の生産性を高める方法と合わせて解説

業務効率化と生産性向上の違いとは?業務の生産性を高める方法と合わせて解説

業務効率化と生産性向上の違いとは?業務の生産性を高める方法と合わせて解説

ビジネスシーンにおいて、「業務効率化」と「生産性向上」という言葉は頻繁に話題にあがるのではないでしょうか。実際に、多くの企業で取り組むべき課題として意識されていることでしょう。
両者はセットで用いられることも多くありますが、似通った言葉でありながら厳密な意味や定義は異なります。 今回は業務効率化と生産性向上について、それぞれの違いを整理しつつ、社内で推進する際のポイントなどについてもご紹介します。

目次

    業務効率化と生産性向上の違いとは?

    業務効率化と生産性向上は、意味は異なるものの各々が連動している概念だといえるでしょう。
    具体的には業務効率化が「インプットの最小化」を目指すのに対し、生産性向上は「アウトプットの最大化」を目指す、といった違いがあります。

    加えて、厳密には「生産性向上を実現するため」に「業務効率化を推進する」という関係性となるため、業務効率化は生産性向上の方策のひとつであるとも捉えられます。 違いをより詳しく理解するために、それぞれの意味を改めて整理していきましょう。

    業務効率化とは

    業務効率化とは、無駄なタスクを削減してより少ない工数で成果の最大化をはかる試みです。
    例えば「既存業務のプロセス改善やオートメーション化」といったアプローチや、「非効率的で無駄な作業を減らし、少ないコストでより大きなパフォーマンスを発揮する」といったことが業務効率化にあたります。

    生産性向上とは

    対して、生産性向上とは各企業におけるアウトプットの総量増加や、価値をより高めるためのさまざまな施策を包括した言葉です。
    一口に生産性といっても「労働生産性(従業員1人あたりの生産量や粗利をはかる指標)」「資本生産性(土地・設備機器などが事業に貢献した成果をはかる指標)」「全要素生産性(ブランディングや知財といった無形資産の貢献度も含めて総合的な生産性を判断する指標)」など多岐にわたります。それらの要素を引き上げようとするすべての試みが生産性向上施策の一環である、とも捉えられるでしょう。

    生産性向上・業務効率化の必要性

    業務効率化と生産性向上の違いとは?業務の生産性を高める方法と合わせて解説

    では、なぜ業務効率化や生産性向上といった目標を見据えて組織運営を行う必要があるのでしょうか。

    労働人口が減少している

    生産性向上や業務効率化が課題として重要視されるようになった背景には、昨今の労働人口減少が関係しています。

    総務省の情報通信白書 平成30年度版 人口減少時代とその課題によると、日本の人口は年々減少傾向にあり、少子高齢化の加速とともに生産年齢人口(15~64歳)の割合は2040年までに6,000万人を下回るとされています。2017年時点での生産年齢人口は約7,596万人(総人口に対して約60%)とされていますが、将来的にはその数値が53.9 %程度に下落するという予測です。

    このような流れを受けて将来的に人材獲得のハードルが向上し、従来のような労働力の量でまかなう業務プロセス構築が現実的ではなくなることが予想されています。
    そこで「少ない人員で多くの成果をあげる」ための生産性向上に取り組むことが、課題として重要視されているのです。

    グローバル競争への対応

    国内における人材難の問題だけでなく、グローバル社会における日本の競争力低下といった問題も懸念されています。

    日本の労働生産性は先進国の中でも低い水準とされており、2020年に発表された公益財団法人日本生産性本部の調査結果によると、2019年度はOECD(経済協力開発機構)加盟国の中では時間あたりの労働生産性が37カ国中21位、1人あたりの労働生産性が37カ国中26位という結果となっています。
    特に時間あたりでの生産性は先進国7カ国の中では最下位となり、海外諸国とのグローバル市場競争において不利な状況が続いています。

    以上の結果からも、日本社会における生産性向上がいかに重要課題であるかが推察できるでしょう。

    生産性向上・業務効率化を実現するためのアイデア

    では、生産性の向上や業務効率の改善を実現するには、どのようなアプローチが有効となるのでしょうか。

    全体像から考える

    まず組織における生産性向上を最終目標とした施策を立案する上では、その全体像を設計することが基本となります。言い換えると、建物における土台や設計図のようなものを考える必要があるということです。

    全体像の設計には、まず「何が課題となっているのか」「生産性向上を阻む原因は何か」といった事柄を、各業務のプロセスやタスク処理のために利用しているツール、作業時のルールや進め方といったものから一つひとつ洗い出す必要があります。その上で、組織における業務の全体像をつかむことがポイントです。

    ITツールの活用

    全体像の把握と現状の課題整理を終えた後には解決策を練っていくことが求められますが、その際に役立つのが各種ITツールの活用です。
    例えば、社内情報の共有・スケジュール管理にはグループウェア、事務系作業の自動化にはRPA、営業活動の支援・プロセス管理にはSFAと、用途や課題に応じて多種多様なツールがあります。これらを見極め適切に導入することが、更なる業務効率化の推進や生産性向上の後押しとなるでしょう。

    業務のアウトソーシング

    ITツールの積極的な導入とあわせて検討したいのが、業務のアウトソーシングです。 アウトソーシングは、特に総務・事務関連業務などのうち、主に定型化したタスクをルーチン的に処理していく形態の業務との相性が良いとされています。アウトソーシング業者によっては、それぞれの業務をタスク単位で請け負うだけではなく、付随して発生する業務も含んだ関連プロセスを一括して対応するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)にも対応している場合があります。

    生産性向上・業務効率化を推進する際の注意点

    業務効率化と生産性向上の違いとは?業務の生産性を高める方法と合わせて解説

    ここまで、業務効率化・生産性向上に関する定義や背景、実現のポイントなどをお伝えしました。最後に、実際に効率化を進める際に注意しておきたい点についてご紹介します。

    目的や目標をしっかりと共有する

    まず前提として、何事においても既存の仕組みを改革する上では必ず「改革を実行する目的と目標」が周知され理解されている必要があります。
    生産性向上・業務効率化といった目標を掲げる上で「なぜそれが必要であるのか」「どのように変えることがゴールなのか」といったビジョンを共有できていないと、効率化を推進する側と実際に業務に取り組む従業員層との間に認識のズレが生じ、目標達成が困難になることが懸念されます。

    業務を把握している人が業務設計をする

    加えて、生産性向上を目指す上で欠かせないのが「現場の立場で業務フローの設計を行う」ことです。
    経営面の事情などを優先するあまり、現場の声を加味していない斬新な業務プロセスやルール、新たなシステムが結局定着せず失敗する、というのはよくある例です。そのため、企画段階のうちからできるだけ現場の声をすくい上げることや、改善対象となる業務への知識を十分に備えているメンバーが業務設計に携わることが必要です。

    導入したツールやシステムが定着するようにする

    さらに、業務効率の向上を狙って新たなシステムやツールを導入する際には「導入して終わり」と満足するのではなく、継続的に効果測定を行うことが重要です。
    効果測定を行わなかった場合、実は導入したツールが自社の環境とマッチしていなかったケースや、ほとんど利用されず投資に見合う効果が得られないことも考えられます。新たなツールやシステムを導入したことで逆に効率が悪化した、という失敗の原因ともなり得ます。
    そのため、導入したツールやシステムを定着させるためのアプローチを継続することが重要だといえるでしょう。

    まとめ

    今回は、業務効率化と生産性向上の違いやそれぞれの重要性などについてご紹介しました。
    業務効率化や生産性向上といってもその間口は広く、どのような点から着手すれば良いか困ることもあるでしょう。まずは自社の問題点を入念に洗い出し、適切な課題解決策を進められる体制を構築することが重要です。

    パソナ・パナソニック ビジネスサービスのBPOソリューション

    BPO(業務委託)で自社のコア業務に人材・資源を集中する

    当社の強みは、「社会の問題点を解決する」というパソナの企業理念の下に培ってきた人材活用ノウハウと、総合電機メーカーであるパナソニックでの多種多様な業務経験をベ一スに、あらゆる業種業態のビジネスプロセスを分析し、ノンコア業務とコア業務を適切に振り分け、課題整理、業務設計、運用改善を実施します。そして、貴社がコアビジネスに人材・資源を集中できる環境を作ります。

    知力と現場力が組み合わさった提案カ

    PBSが考えるBPO(業務委託)とは、一般的な「業務整理」だけではなく、企業の未来を実現するための「業務改善」を指します。時には、「業務改革」と呼べるような劇的な変化をもたらすこともあります。
    そのために必要な人材が、設計をおこなうコンサルタントと、それを実現するプロジェクトマネージャーです。多面的な知識を有したコンサルタント陣が、経営陣へのヒアリングなどを通して現状を把握。綿密な分析を経て、それぞれのコア・ノンコア領域を整理し、BPOの設計をおこなっていきます。
    その後、プロジェクトマネージャーが、コンサルタントの設計を実現すべく、業務の再現性などを考慮しながら、BPOを実現していきます。

    PBSの総務BPOソリューション

    お問い合わせはフォームからお願いします。

    関連コラム

    お気軽に
    ご相談ください。

    お電話での
    ご相談はこちら

    0120-551-036

    9:00 - 17:30 (平日)

    各サービスの導入事例を
    ご紹介しています。

    サービスの資料が
    ダウンロードいただけます。