アウトソーシングと人材派遣はどう違う?基本知識と使い分けてうまく活用するポイントをご紹介

  • コラム
  • アウトソーシングと人材派遣はどう違う?基本知識と使い分けてうまく活用するポイントをご紹介

アウトソーシングと人材派遣はどう違う?基本知識と使い分けてうまく活用するポイントをご紹介

アウトソーシングと人材派遣はどう違う?基本知識と使い分けてうまく活用するポイントをご紹介

アウトソーシング(outsourcing)とは、「外部から経営資源(主に人的資源)を調達する」ことを指します。つまり、これまで社内のリソースで行っていた業務のすべて、または、業務の一部分を専門会社に委託することを指しています。
近年、従業員をコア業務(※1)に集中させるため、ノンコア業務(※2)を中心に外部へアウトソーシングするケースが増加しています。 今回は、アウトソーシングの基礎知識とそれに適した業務、また委託するメリットの大きい業務についてご紹介します。

※1 コア業務…直接的に利益を生み出す業務。一般的に非定型で難易度が高く、専門的な判断を要する業務であることが多い。
※2 ノンコア業務…利益には直結しない、コア業務を支援する業務。一般的に定型的で難易度は低めであることが多い。

目次

    アウトソーシングと人材派遣の違い

    アウトソーシングと人材派遣はどう違う?基本知識と使い分けてうまく活用するポイントをご紹介

    自社の従業員以外が業務を遂行する代表例としては、「アウトソーシング」と「人材派遣」が主なサービスとして挙げられます。それぞれサービス形態や関連する法律なども異なりますが、両者を混同しているケースが多く見受けられます。ここでは、両者の主な相違点を説明します。

    ビジネス形態の違い

    ・アウトソーシング:アウトソーシングの専門会社が委託された業務を遂行する
    ・人材派遣:派遣会社が人材を派遣し、その派遣スタッフが業務を遂行する

    何によって対価が発生するかの違い

    ・アウトソーシング:業務の遂行や成果物の納品によって対価が発生する
    ・人材派遣:人材を派遣し、その派遣スタッフの労働によって対価が発生する

    誰がスタッフに業務指示を行うかの違い

    ・アウトソーシング:アウトソーシングの専門会社が業務指示を行う
    ・人材派遣:派遣先企業の従業員が業務指示を行う

    人材派遣とBPO の違いについて詳細に知りたい方はこちらもご参照ください。
    総務BPO・総務委託とは?主な特徴とサービス、導入成功のポイントをご紹介

    人材派遣とは?

    人材派遣とは、「働き手を雇用する専門会社」から「人材を必要とする企業」へと人材を派遣するサービス形態です。
    主に「登録型派遣」「紹介予定派遣」「無期雇用派遣」の3タイプに大別されます。登録型派遣は一定の契約期間内のみ派遣会社が派遣労働者を雇用し、派遣先企業へ派遣する形態です。

    紹介予定派遣ではあらかじめ定められた派遣期間の終了後、派遣先の企業と派遣社員の合意をもって、派遣先企業の直接雇用に切り替わる契約形態です。 無期雇用派遣では、派遣会社の従業員自らがA社・B社とさまざまな企業で働く形態です。人材を必要とする派遣先企業の有無に関わらず、派遣会社との雇用が維持されていることが特徴です。

    人材派遣に適した業務

    アウトソーシングと人材派遣はどう違う?基本知識と使い分けてうまく活用するポイントをご紹介

    以上が人材派遣の概要ですが、具体的にはどのような業務に適したサービスなのでしょうか。

    販売・接客業務

    実店舗を構えるタイプのビジネスでは、現場で販売・接客を行うスタッフの存在が不可欠です。しかし、事業内容や規模、繁忙期などのタイミングによっては自社のリソースのみですべてをまかなうことが難しい場合もあります。
    そこで派遣会社を利用し、必要に応じて人的リソースの確保を一定期間行うことが多くあります。接客・販売業務の多くには対応マニュアルが整備されていることがほとんどのため、派遣社員が無理なく活躍できる条件も整っているケースが多いようです。

    研究開発業務

    研究職と言うと、メーカーなど各企業の従業員が従事するケースが一般的ですが、各分野に精通したスペシャリストを多く抱える派遣会社を活用する企業も存在します。基礎研究から商品開発、検査・実験といった自社に存在しない領域の人材が必要となる場合もあるため、一定のプロジェクトに合わせて都度派遣サービスを活用することも選択肢の一つです。

    マーケティング業務

    マーケティング関連の業務においても、スキル・知識を備えた人材を派遣会社から必要に応じて確保できます。特にウェブマーケティングなどでは、費用対効果などの改善・分析にある程度の指標が存在することがほとんどで、達成度を可視化するためにもマーケティングに特化した人材を抱える派遣会社に依頼するケースが多いようです。

    人材派遣会社に依頼するメリット

    人材派遣には「必要な期間だけ利用できる」「コストの削減」「個々の派遣社員が持つスキル・経験を活かせる」といったメリットがあります。
    例えば季節によって商品展開や売上幅の推移が大きいアパレル系の企業の場合、繁忙期のみ普段以上の人的リソースが必要となる場合もあるでしょう。そういった際には「数カ月間」などのピンポイントで利用できる人材派遣が役立ちます。
    さらに、自社の従業員で業務を遂行するよりも、人材派遣サービスを利用した方が人件費などのコストが安価になることが考えられます。加えて、専門性の高い人材を抱える派遣会社へ特定の業務に対応可能なスキルを持つ人材を探してもらうことなども可能です。

    人材派遣会社に依頼するデメリット

    一方で、人材派遣サービスでは「業務内容に制限がある」「派遣期間に上限がある」「運用にあたって法制度が厳格化されつつある」といったデメリットもあります。
    人材派遣サービスでは、あらかじめ派遣会社と派遣先との間で「何をどう、いつまで対応するか」といった内容を契約書で取り決める必要があります。そのため、派遣社員に契約内容と異なる業務やイレギュラーへの対応などは依頼できないこともデメリットと言えます。

    また、2020年4月1日より労働者派遣法(以下、派遣法)が改正され、「同一労働同一賃金」と呼ばれる、正社員と非正規雇用労働者の待遇差を是正する仕組みづくりがなされています。
    「雇い止め」と呼ばれる契約の終了や賃金格差などが従来問題となっており、政府は働き方改革の推進とともに、同一労働同一賃金の実現のため派遣法の改正に踏み切ったとされています。派遣法改正によって従来のような派遣サービス活用が難しくなった企業も少なくないと思われます。

    アウトソーシングとは?

    アウトソーシングは、1989年から1994年頃に生まれた経営手法の1つです。当時は人的資源や必要経費の削減を一番の目的に、アウトソーシングを取り入れることが一般的でした。近年はこれに加えて、従業員をより付加価値の高いコア業務に集中させることで、企業競争力を強化させるための手段として、アウトソーシングを選ぶ企業が増えています。

    またアウトソーシングは、人手不足問題を解消し、社内業務の効率化と生産性向上を図る方法の一つとしても注目されています。

    アウトソーシングに適した業務

    アウトソーシングと人材派遣はどう違う?基本知識と使い分けてうまく活用するポイントをご紹介

    直接的には利益を生み出さないノンコア業務や、ルーチンワークで解決できる業務、内製すると経費がかかる業務などがアウトソーシングに適しています。

    これまでアウトソーシングされる業務は、いわゆる単純作業が大半でした。しかし、近年は専門知識やノウハウ、独自の効率的な業務処理手順を持ち、さまざまな領域の業務を請け負うアウトソーシングの専門会社が増えています。事業の根幹となる経営戦略の立案や、意思決定にまつわる業務には不向きですが、ノンコア業務を中心に、多くの業務を専門のアウトソーシング業者へ委託することが可能です。ここでは、その具体例を業務内容別に整理してご紹介します。

    人事業務(労務管理・採用)

    従業員の採用や労務管理に関する仕事には、雇用手続などルーチン化された定型業務もあります。そのため、専門性の高い企業へアウトソーシングを行うことで業務の質を保ちつつ、工数削減や効率化といった効果を見込むことも可能と言えます。

    加えて、採用についてはRPO(リクルートメント・プロセス・アウトソーシング)という人材採用の一部を専門会社に委託するサービス形態も存在します。例えばエントリー者の書類選考や面接などのスケジュール調整、内定者のフォローといったタスクが該当し、それらを外部業者へ委託することで自社のメンバーは実際の人材選考により注力する体制を整えることができます。

    経理業務・給与関連業務

    月ごとの帳票関連業務や決算、給与の支払や、年次ごとに発生する年末調整といった経理業務や給与に関係する業務は、多くが定型的なタスクでありながら高い専門性を要します。そのため、限られた人材で円滑に処理を行うことが難しい場合もあります。 例えば経理部門の主力スタッフが突然何らかの理由で休職・退職することになった際には、「業務を代行できる人材が社内に存在しない」といったことも懸念されます。

    各手続や法制度に精通した専門会社へ委託することで、業務の属人化を防ぎつつ業務の遂行をより安定的に整えることが可能になります。

    総合受付

    「企業の顔」と言われる総合受付における、来訪者や代表電話の対応、会議室の予約管理など、来客エリア全体の運営をトータルに行う業務です。好感度の高い接遇とスムーズな応対は、来訪者だけでなく従業員満足度の向上につながり、企業の更なるイメージアップに貢献します。

    しかし、総合受付の運営を自社従業員のみで行う場合、例えば急な欠勤時の交代要員確保や、異動・退職時の引継ぎ・教育に、想像以上の手間とコストがかかるものです。 そこで総合受付をアウトソーシングすれば、交代要員などのバックアップ体制構築なども、すべてアウトソーシング会社にお任せできます。また、さまざまな業種の企業受付業務でつちかったノウハウによって、業務の効率化も期待できます。以上の観点から、総合受付の業務はアウトソーシングするメリットが大きいと言えます。

    郵便物などの配送・受取(メール室業務)

    企業では郵便物・宅急便・社内メールなど、日々膨大な数の郵送物が発生します。これらの荷受けと発送、仕分け、各部署への配布などの煩雑な作業を、一元管理し対応するのがメール室の業務です。

    これらの作業は、自社従業員が本来業務の合間を縫って、対応することが一般的です。しかし、夏期休暇や年末年始など長期休暇の後に、膨大な量の郵送物が溜まってしまい、従業員が本来優先して行うべき業務が、後回しになってしまうことが多くあります。

    メール室業務をアウトソーシングすれば、毎日必ず発生し手間のかかるこれらの業務を削減でき、従業員を本来業務に集中させられます。さらに、現金と同等の扱いが必要とされる切手・印紙類を各部署で管理する手間と、不要なコストも削減が可能です。
    また、郵送物に個人情報や機密情報が含まれるケースが多くあります。プロのアウトソーシング会社は、郵送物の授受管理もしっかりと対応するので、安心して重要書類の管理を任せるられます。セキュリティ確保の面からも、メール室業務はアウトソーシングに適していると言えます。

    翻訳・通訳

    企業のグローバル化が加速する中、さまざまなビジネスシーンにおいて、翻訳・通訳による多言語化が必要とされるケースが増加しています。
    しかし、多くの企業においては、多言語化のニーズは日常的に発生するのではなく、例えば「企業ホームページやパンフレットの多言語化」、「外国人従業員向け説明資料の多言語化」など、臨時的に発生するケースが多いでしょう。

    このような臨時に発生するニーズのために、自社で翻訳者や通訳者を、日常的に抱えるメリットはさまざまな面で低いと言えるでしょう。

    そこで、翻訳・通訳をアウトソーシングすれば、内容や求めるレベルに応じた、翻訳者や通訳者の選定から内容のチェック、納品までを専門会社に任せられます。

    また、アウトソーシング先を都度選ぶのではなく、ひとつの専門会社に継続して依頼することで、依頼元の企業における独特な言い回しや、専門用語をストックすることによる、作業時間やコストの削減を図れます。

    翻訳・通訳のアウトソーシング会社には、すべてのフローをウェブ上で完結させる「クラウド翻訳サービス」など、手軽でスピーディな対応まで幅広く行っているサービスがあります。翻訳・通訳は専門会社の対応範囲の幅広さから、アウトソーシング化のメリットが大きいと言えます。

    アウトソーシング会社に依頼するメリット

    アウトソーシングにはさまざまなメリットがありますが、主に「業務の品質向上」「コスト削減・利益向上」「柔軟な対応力」といった要素が挙げられます。
    アウトソーシングを請け負う企業の多くは、事務・採用・経理など特定のジャンルに精通しています。そのため、社内リソースでは実現できなかった品質の向上といった効果が期待できるでしょう。

    また、社内人材を売上に直結するコア業務へ集中させることで結果的に利益向上を目指すことも可能でしょう。さらに、人材派遣では難しい業務フローの改善提案なども期待できます。

    アウトソーシング会社に依頼するデメリット

    一方デメリットは「業務の自社対応が困難になる」「組織体制の頻繁な変更に対応しにくい」「セキュリティリスクが内製より高まる」などです。
    アウトソーシングのメリット・デメリットについて詳細に知りたい方はこちらのコラムをご参照ください。
    BPOとは?業者選びのポイントと活用例、メリット・デメリットをご紹介

    アウトソーシングの成功事例

    アウトソーシングを実際に導入した企業では、どのような成果が見られたのでしょうか。ここでは、アウトソーシングの成功例をご紹介します。

    P&G社

    アメリカに拠点を構えるP&G社では、2003年に労務管理、給与計算といった従業員サービス関連業務をアウトソーシングしたとされています。10年間で約4億ドルにも及ぶアウトソーシング契約であったものの、最終的には人員削減・工数削減により契約金額に見合う大幅なコスト削減を果たしたとされています。

    また同社ではITインフラ分野で大手ITベンダーともパートナーシップを結び、徹底的なDX(デジタルトランスフォーメーション)を早期から推し進めています。

    アウトソーシングを活用して、業務の効率化を目指そう

    現代のビジネスにおいて、業務の効率化を図るには、アウトソーシングをいかにうまく活用するかが鍵とされています。自社従業員で対応する業務と、専門会社へ委託する業務を見極め、積極的にアウトソーシングを取り入れることがおすすめです。 パソナ・パナソニック ビジネスサービス(PBS)においても、さまざまなBPOサービスを用意していますので、ぜひ一度ご相談ください。

    パソナ・パナソニック
    ビジネスサービス株式会社

    パソナ・パナソニック ビジネスサービスのBPOソリューション

    BPO(業務委託)で自社のコア業務に人材・資源を集中する

    当社の強みは、「社会の問題点を解決する」というパソナの企業理念の下に培ってきた人材活用ノウハウと、総合電機メーカーであるパナソニックでの多種多様な業務経験をベ一スに、あらゆる業種業態のビジネスプロセスを分析し、ノンコア業務とコア業務を適切に振り分け、課題整理、業務設計、運用改善を実施します。そして、貴社がコアビジネスに人材・資源を集中できる環境を作ります。

    知力と現場力が組み合わさった提案カ

    PBSが考えるBPO(業務委託)とは、一般的な「業務整理」だけではなく、企業の未来を実現するための「業務改善」を指します。時には、「業務改革」と呼べるような劇的な変化をもたらすこともあります。
    そのために必要な人材が、設計をおこなうコンサルタントと、それを実現するプロジェクトマネージャーです。多面的な知識を有したコンサルタント陣が、経営陣へのヒアリングなどを通して現状を把握。綿密な分析を経て、それぞれのコア・ノンコア領域を整理し、BPOの設計をおこなっていきます。
    その後、プロジェクトマネージャーが、コンサルタントの設計を実現すべく、業務の再現性などを考慮しながら、BPOを実現していきます。

    PBSの総務BPOサービス

    お問い合わせはフォームからお願いします。

    関連コラム

    お気軽に
    ご相談ください。

    お電話での
    ご相談はこちら

    0120-551-036

    9:00 - 17:30 (平日)

    各サービスの導入事例を
    ご紹介しています。

    サービスの資料が
    ダウンロードいただけます。