パソナグループ

主力業務に集中できる!「ビジネスプロセスアウトソーシング」とは?

  • コラム
  • 主力業務に集中できる!「ビジネスプロセスアウトソーシング」とは?

主力業務に集中できる!「ビジネスプロセスアウトソーシング」とは?

「人材が不足している」「固定費を削減したい」などの悩みを抱えている企業は、ぜひ「ビジネスプロセスアウトソーシング」に目を向けてみてはいかがでしょうか。経営資源を有効活用しつつ業務の効率化を図ることができるため、企業全体のコストを削減し従業員を主力業務に集中させることができます。
今回は、ビジネスプロセスアウトソーシングの概要と、導入のメリット・デメリット、事業者を選定する際のポイントについてご紹介します。

ビジネスプロセスアウトソーシングとは?

ビジネスプロセスアウトソーシング(Business Process Outsourcing、以下BPO)とは、 総務や人事、経理といったノンコア業務や、自社には運用ノウハウがない業務を、継続的に外部の事業者に委託することを指します。BPOを提供している事業者は複数あり、それぞれ得意分野や、高度な専門領域を掲げています。

BPOが注目されている理由のひとつとして、「企業の人材不足」が挙げられます。
人材不足の状態では、従業員ひとりあたりの仕事量が増加します。多忙によって業務の質が低下してしまうことで、結果として利益の減少にもつながる可能性があります。この問題を解決するためには人材の確保が必要不可欠ですが、少子高齢化による労働力人口の減少により、なかなか満足のいく採用が難しいのが現状です。このため、既存の従業員だけで更なる利益を追求するという、組織全体の疲弊を招く状態になっている企業が多くあります。
そこで役立つのが、BPOです。例えば利益に直結しないノンコア業務を、外部の事業者に委託すれば、既存の従業員を主力(コア)業務に集中させることが可能になります。

ビジネスプロセスアウトソーシングを導入するメリット・デメリット

BPO導入するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

1.業務の質を向上できる

BPOを提供している事業者は複数あるため、専門としている業務もそれぞれ異なります。例えば、マーケティングに特化している事業者は、顧客情報の獲得やターゲットリストの作成など、マーケティングを行ううえで必須の業務を得意にしています。また、マーケティングに精通した人材が在籍していることも多く、自社で行うよりも高品質な業務の実現を期待することができます。さらに、自社で時間をかけてマーケティングについての知識を習得する時間を省くことができるので、業務の効率化も期待できます。

2.利益の向上が期待できる

企業のノンコア業務をBPO事業者に委託することによって、経営資源(ヒト・モノ・カネ)を有効活用できるようになります。
例えば、総務の業務をBPO化した場合、もともと総務を担当していた従業員のリソースを、より注力したいコア業務に充てることができます。また、担当者の長期欠勤や急な退職が発生した場合でも、新たな人材の確保や業務の引継ぎ、教育などもBPO事業者が対応するため、ほかの従業員の負担を増やすことなくバックアップすることが可能です。これらによってコスト削減が進み、結果的に利益の向上が期待できます。

デメリット

1.業務の自社対応が困難になる

BPOを導入し、全ての業務運営をBPO事業者へ丸投げしてしまうと、細かい業務手順の変更やノウハウを自社で管理・蓄積することが難しくなります。将来もしも、いったんBPO化した業務を再び自社で対応しようとしても、スムーズに進めることが困難なケースがあります。このような問題を防ぐには、BPO事業者にすべてを一任するのではなく、定期的に業務に関するさまざまな情報を把握しておくことが大切です。

2.頻繁な組織・体制変更には不向き

いったんBPO化した業務の委託契約期間中に、その業務内容や手順を大きく変更することは難しくなります。そのため、急成長を遂げるベンチャー企業をはじめとした組織や体制変更を頻繁に行う企業には、BPOの導入が適さない場合があります。
とはいえ、BPO化が組織編成のタイミングと重なっていないか確認する、BPO事業者と日ごろから密にコミュニケーションを取るなどの工夫を行えば、組織編成を頻繁に行う企業でも上手くBPOを活用することができます。自社とBPO事業者が互いに気持ちよく取り引きするためにも、BPOを導入する際はこれらを事前に確認しておきましょう。

ビジネスプロセスアウトソーシング事業者を選ぶ際のポイント

BPOサービスを提供している事業者は数多くあります。その中から信頼できるBPO事業者を選定するためには、以下のポイントを考慮しながら検討することが大切です。

自社のよきパートナーになり得るか

BPO事業者は、対応する業務や得意分野をホームページに公開しています。その内容が、BPO化しようとする業務に適しているかの判断はもちろんのこと、業務の運営を通じて関係を深め、共に成長し、互いに協力して目標とするゴールにたどり着くことのできる、自社の良きパートナーになり得るような事業者かを見極めることが大切です。これに加えて、業務の実績がある事業者であれば、さらに安心して委託化を進めることができます。

適正なコストであるか

費用対効果が期待できるBPO事業者を選ぶことはもちろんですが、単に安ければ良いというわけではありません。自社が求めている業務の品質を保つことができるか、想定外のリスクが発生した時の対応を見込んだ費用になっているかについても、見積で確認しましょう。そのうえで、各費用の内訳について根拠を持って説明できるかどうかを確認することで、安心して業務を委託できる事業者かどうかを見極めることができます。

セキュリティ対応基準

BPO化する業務内容によっては、個人情報や機密事項をBPO事業者にも共有する場合があります。万が一、これらの情報が漏えいした場合は、重大なインシデントとなります。BPO事業者の信頼性や、認証資格の取得状況、セキュリティ品質基準などを確認し、安心して委託化できるかを判断しましょう。

パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社の魅力

パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社(以下、PBS)はお客様に寄り添い、共に思い描く未来を実現する「ビジネスコンシェルジュ」というテーマのもと、BPOサービスを提供しています。PBSの強みは、パソナグループにおける人材活用のノウハウと、パナソニックグループにおけるBPOサービスの業務経験を活かし、業務の遂行から改善、改革までを行うことです。労働力人口の減少による社会構造の変化に対応するため、企業の現状のリソースとノウハウを考慮したうえでサポートします。

またPBSでは、コンサルタントによる丁寧なヒアリングを徹底しています。ヒアリングを通して現状を把握することで業務の分析と整理を行い、お客様に最適なBPOを設計します。その後、業務の再現が可能かどうかを考慮しながら、プロジェクトマネージャーを主軸として業務を運営していきます。コンシェルジュ型であるとともに、BPOのプロが集まっているからこそ、お客様のご要望に寄り添ったBPOサービスの提供が実現できるのです。

ビジネスプロセスアウトソーシングを導入して、業務の効率化を図ろう

BPOは、ノンコア業務や自社にノウハウがない業務を外部の事業者に委託することを指します。業務の効率化や質の向上などが期待できることから、多くの企業で導入されています。複数あるBPO事業者の中でも、PBSは「お客様が思い描く未来の実現」をBPOでサポートします。「人手不足で業務が回らない」「経営資源を有効活用できていない」という企業は、ぜひこの機会にBPOの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

パソナ・パナソニック ビジネスサービスのBPOソリューション

BPO(業務委託)で自社のコア業務に人材・資源を集中する

当社の強みは、「社会の問題点を解決する」というパソナの企業理念の下に培ってきた人材活用ノウハウと、総合電機メーカーであるパナソニックでの多種多様な業務経験をベ一スに、あらゆる業種業態のビジネスプロセスを分析し、ノンコア業務とコア業務を適切に振り分け、課題整理、業務設計、運用改善を実施します。そして、貴社がコアビジネスに人材・資源を集中できる環境を作ります。

知力と現場力が組み合わさった提案カ

PBSが考えるBPO(業務委託)とは、一般的な「業務整理」だけではなく、企業の未来を実現するための「業務改善」を指します。時には、「業務改革」と呼べるような劇的な変化をもたらすこともあります。
そのために必要な人材が、設計を行うコンサルタントと、それを実現するプロジェクトマネージャーです。多面的な知識を有したコンサルタント陣が、経営陣へのヒアリングなどを通して現状を把握。綿密な分析を経て、それぞれのコア・ノンコア領域を整理し、BPOの設計を行っていきます。
その後、プロジェクトマネージャーが、コンサルタントの設計を実現すべく、業務の再現性などを考慮しながら、BPOを実現していきます。

ご相談お待ちしております

電話アイコン0120-551-036

9:00 ~ 17:30(平日)