ないと困る!災害備蓄品リストと気をつけたいこと

  • コラム
  • ないと困る!災害備蓄品リストと気をつけたいこと

ないと困る!災害備蓄品リストと気をつけたいこと

地震や台風などの災害が発生した時に備えて、日ごろから防災備蓄品を準備しておく必要があります。とはいえ、準備しておくべき備蓄品の種類や数量が分からない場合も多いと考えられます。
そこで今回は、災害時に有用な備蓄品をご紹介し、重要性や注意点、避難所生活で必要なものなどについて詳しく解説していきます。

目次

    そもそも、災害に備えた備蓄の重要性とは?

    災害時の備蓄の有無は、いざという状況での生活の質を大きく左右します。多くの自治体では有事に備え避難所に防災備蓄品を備えているものの、十分な量の物資が全員に行き渡るほど潤沢には用意されていない場合がほとんどだと言われています。

    災害の程度によっては自宅や会社などの場所から移動することが物理的に困難となり、助けが来るまでその場にとどまらざるを得ない場合もあります。
    東日本大震災など過去の災害においても、各被災地へ支援が行き渡るのに多くの時間がかかり、スーパーなどでは水や食料の売り切れなどの物質不足が問題になりました。

    大規模なライフラインの停止など、災害時には何が起こるか分かりません。水や食料はもちろん、日用品や衛生用品なども日ごろから備蓄しておくことが、災害時に身を助ける最も有効な手段であるとされています。
    なお、オフィスにおける災害対策については過去にもコラム内でご紹介しています。有事対応を担う企業担当者の方々は、ぜひ以下のリンクも確認してください。

    関連記事
    【地震備えリストあり】オフィスで地震対策を行う際の7つのポイント
    企業防災の取り組み事例や対策とは?災害防災対策に企業が行うべきことを紹介
    【完全版】企業の防災備蓄とは?必要な備蓄品の種類や量・保管方法を紹介
    企業防災とは?取り組むべき理由とポイントを徹底解説

    災害時に必要な備蓄品リスト

    災害備蓄の重要性について整理できたところで、続いては災害時に必要な防災備蓄品をリスト形式でご紹介します。
    農林水産省発表の「災害時に備えた食品ストックガイド」によると、最低3日分から1週間分を想定した備蓄品が必要であるとされています。一般的に災害発生~ライフライン復旧までにかかる期間は1週間程度と想定されており、災害時支援物資の到着にも3日以上はかかる可能性が大きいためです。

    ここでは以上の基準に照らし合わせ、「大人一人あたりに必要な3日間分の備蓄品の量」についてもご紹介します。

    ・水…9リットル
    ・食料品…9食(主食、副菜、栄養補助食品含む)
    ・簡易トイレ…15セット(1日5回使用の場合)
    ・トイレットペーパー…3ロール
    ・常備薬…各1箱(解熱鎮痛剤、総合感冒薬、軟膏、包帯、湿布 など)
    ・毛布…1枚
    ・ラジオ…1台
    ・携帯電話用バッテリー…1台
    ・懐中電灯…1台
    ・電池…1箱(10本入)

    以上が、災害時に最低限必要な3日分の備蓄品です。食料品と衛生用品、情報源の確保は特に重要とされています。このほかライフラインの中断に備えるため、カセットコンロや生活用水を補給する給水袋などを備えておくことも有効です。
    非常食にはなるべく調理を必要としないカンパンや缶詰、アルファ米などを選び、栄養補助食品も備えておくと良いと考えられています。

    災害備蓄を用意する上で注意したいこと

    企業防災の一環として災害備蓄品を準備する時には、いくつか注意点があります。
    まずは従業員への配慮です。アレルギー対応食が必要な場合や、コンタクトレンズや生理用品など、人によって必要となるものは異なります。
    すべての従業員に配慮するのが困難な場合においても、これらの項目にも目を向けておくと良いとされています。

    もう一つの注意点は、備蓄品の保管方法です。エレベーターの停止などにより運び出しが困難になる場合があるため、広いオフィス内のうち一箇所に備蓄品の保管を集中させることは望ましくありません。なるべく各フロアに備蓄品を分散して設置し、速やかに全員に物資が届くような体制を整えることが大切です。
    また、保管する際は避難経路や消防設備などを遮らないよう、整理整頓を心がけていつでも安全に利用できる体制を徹底しましょう。

    防災備蓄品を管理するコツ「ローリングストック法」のススメ

    防災備蓄品として必要な品目と分量についてお伝えしましたが、これらは単に準備すれば良いわけではありません。適切に管理しておかなければ、災害時に利用できなくなる可能性もあります。特に食料品や水には賞味期限が存在し、災害備蓄用であってもほとんどが3年から10年程で賞味期限を迎えます。
    いざという時に食べることができないという状況を防ぐためにも、定期的な備蓄品の管理は欠かせません。とはいえ、日々発生する業務を優先するあまり、なかなか手が回らない場合がほとんどだと考えられます。

    そこでおすすめなのが、「ローリングストック法」と呼ばれる管理手法です。平常時から非常食などの備蓄品を期限切れ前に都度消費し、使った分を継続的に補充するという方法です。
    この方法であれば備蓄品をいつでも安全な状態に保ちつつ、常に一定量の備蓄品を備えておく体制を整えられます。更に定期的な管理と更新を習慣化することで大きな負担なく運用できるのが特徴です。
    企業の防災担当者としても、半年~1年ごとに備蓄品の消費と補充を行い、その時の在庫状況と賞味期限(使用期限)をリストアップするだけの作業となります。

    避難所での暮らしに必要なアイテムは?

    ここまで、災害時の備蓄について解説しましたが、いざ災害が発生し避難所での生活がスタートした場合を想定して、個人で備蓄しておくべきアイテムがいくつか存在します。

    避難所生活をできるだけ日常生活と同様に過ごすためにも、生活用品を備えているかを確認しましょう。歯ブラシやマウスウォッシュなどの口腔ケア用品は不足することが多いため、各自で備えておくと良いとされています。
    加えて、常に他人が周りに存在する環境であることが予想されるため、アイマスクや耳栓などがあるとストレスを軽減することができます。ほかには、暑さ・寒さ対策のための冷感シートやカイロ、ボディケア用品なども不足しがちです。
    また、避難所生活と言っても十分な食料が保証されるとは限らないため、菓子類やレトルト食品なども備えておくと安心だと考えられています。

    まとめ

    災害はいつ発生するか予測が難しい点に、その恐ろしさがあります。企業活動の上でも、事業継続の阻害や従業員の生命が侵害される可能性があり、重要な経営課題のひとつであると言われています。

    パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社では、「防災備蓄品ワンストップサービス」として企業向けの防災ソリューションを提供しています。法人向け防災備蓄品の管理や補充、期限切れ物資の引取りなどをトータルサポートし、企業の災害対策をバックアップする防災分野のアウトソーシングサービスです。
    「災害対策の重要性は認識しているが、対応が後手に回ってしまっている」という企業担当者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

    お問い合わせはフォームからお願いします。

    関連記事

    お気軽に
    ご相談ください。

    お電話での
    ご相談はこちら

    0120-551-036

    9:00 - 17:30 (平日)

    各サービスの導入事例を
    ご紹介しています。

    サービスの資料が
    ダウンロードいただけます。