BPOソリューションでお客様の課題を解決

PBSが提案する戦略総務を実現するBPO

総務部のあるべき姿とは?

会社全体を支えている総務。そのポジションと知見を生かし、
経営戦略に直結する新たな取り組みを進めることが必要です。

  • 「会社の変革」による
    企業価値の向上
  • 生産性を向上させる
    「場づくり」
  • 「総務白書」による
    間接経費の適正化・見える化

総務部の役割

経営戦略に貢献する戦略総務的な業務

会社活動を下支えする
日々のオペレーション業務

しかし総務部には、
自社では解決の難しい課題が
多数あります

課題

  • 属人化・高齢化による
    業務のブラックボックス化
  • 業務フローを見直したいが
    人手不足、時間も余裕もない
  • 適正コストかの見極めができていない

経営戦略に貢献する戦略総務的な取り組みを進めたくとも、日々の業務に追われて手が回らないという現実や、
長年の組織課題の解決方法がわからないという悩みもあります。

そこで

蓄積された課題を解決し、戦略総務にシフトするには
業務の見える化とオペレーション業務のBPO化が必要です

BPO(Business Process Outsourcing)とは
ビジネス・プロセス・アウトソーシングは「業務委託」とも言い、自社業務の一部または全部の運営を、一括して外部に委託することを指します。BPOを導入することで、自社の人材や経営資源を基幹業務(コア業務)に集中して投入できるメリットがあります。

ビジネス環境の変化に伴い、経営層が総務部に寄せる期待は変化・拡大し続けています。
総務部における日々の膨大なタスクを着実に執り行いながら、 企業価値向上に貢献する新たな取り組みを進める「戦略総務」へのシフトチェンジを支える、 PBSの総務BPOサービスをご紹介します。

戦略総務化を後押しする、
BPO導入フェーズ

業務の見える化フェーズ

きめ細やかなコンサルティングで、潜在的・属人的な業務を見える化。貴社において最適な、戦略総務を実現する新たな業務運営体制をご提案します。

BPO検討・実施体制構築フェーズ

PBSでは設計担当コンサルタントと、現場を運営するマネージャーが力強く連携。
業務分析から、日々の業務運営まで一気通貫のBPO体制を構築します。

  • パソナグループの人材活用ノウハウを最大限に生かした、経験豊富なスタッフによる業務運用
  • BPOサイトの安定運営と、継続した改善提案でさらなる効率化を実現

業務の見える化 BPO導入で戦略総務を実現

お気軽に
ご相談ください。

お電話での
ご相談はこちら

0120-551-036

9:00 - 17:30 (平日)

各サービスの導入事例を
ご紹介しています。

サービスの資料が
ダウンロードいただけます。