BPOソリューションでお客様の課題を解決

PBSが提案する戦略総務を実現するBPO(総務コンサルティング)

総務部のあるべき姿とは?

会社全体を支えている総務。そのポジションと知見を生かし、
経営戦略に直結する新たな取り組みを進めることが必要です。

  • 「会社の変革」による
    企業価値の向上
  • 生産性を向上させる
    「場づくり」
  • 「総務白書」による
    間接経費の適正化・見える化

総務部の役割

経営戦略に貢献する戦略総務的な業務

会社活動を下支えする
日々のオペレーション業務

しかし総務部には、
自社では解決の難しい課題が
多数あります

課題

  • 属人化・高齢化による
    業務のブラックボックス化
  • 業務フローを見直したいが
    人手不足、時間も余裕もない
  • 適正コストかの見極めができていない

経営戦略に貢献する戦略総務的な取り組みを進めたくとも、日々の業務に追われて手が回らないという現実や、
長年の組織課題の解決方法がわからないという悩みもあります。

そこで

蓄積された課題を解決し、 戦略総務にシフトするには
業務の見える化とオペレーション業務のBPO化が必要です

BPO(Business Process Outsourcing)とは
ビジネス・プロセス・アウトソーシングは「業務委託」とも言い、自社業務の一部または全部の運営を、一括して外部に委託することを指します。BPOを導入することで、自社の人材や経営資源を基幹業務(コア業務)に集中して投入できるメリットがあります。

ビジネス環境の変化に伴い、経営層が総務部に寄せる期待は変化・拡大し続けています。
総務部における日々の膨大なタスクを着実に執り行いながら、 企業価値向上に貢献する新たな取り組みを進める「戦略総務」へのシフトチェンジを支える、 PBSの総務BPOサービスをご紹介します。

戦略総務化を後押しする、
BPO導入フェーズ
(BPO コンサルティング)

業務の見える化フェーズ

きめ細やかなコンサルティングで、潜在的・属人的な業務を見える化。貴社において最適な、戦略総務を実現する新たな業務運営体制をご提案します。

BPO検討・実施体制構築フェーズ

PBSでは設計担当コンサルタントと、現場を運営するマネージャーが力強く連携。
業務分析から、日々の業務運営まで一気通貫のBPO体制を構築します。

  • パソナグループの人材活用ノウハウを最大限に生かした、経験豊富なスタッフによる業務運用
  • BPOサイトの安定運営と、継続した改善提案でさらなる効率化を実現

業務の見える化 BPO導入で 戦略総務を実現

FAQ

BPO(業務プロセスの外部委託化)のメリットを教えてください。

大きく3つのメリットが期待できます。

  • ・主に定型業務を外部委託化すれば、日々発生する社員のルーティン業務量が削減されます。その分、より高度な判断や調整を伴うコア業務に集中できるようになり、総務・管理部門の生産性向上が期待できます。
  • ・タスク単位ではなく、業務プロセス全体を委託化するため、今まで生じていた社員や協力会社の業務進捗状況を、詳細に管理する手間が削減できます。
  • ・委託化により業務全体が「見える化」します。これにより標準化や平準化などの業務改善や、品質向上も期待できます。

人材派遣とBPOの違いを教えてください。

両者には関連法規等、さまざまな違いがあります。特に大きな違いとして、「業務の指揮命令」「労働時間管理」が挙げられます。

<業務の指揮命令>
  • ・人材派遣:受入側企業の従業員による、派遣社員への詳細な業務指揮命令が必要
  • ・BPO:業務遂行について、すべてBPO受託業者に一任できる
<労働時間管理>
  • ・人材派遣:長時間労働など、労働時間管理の責任は受入側企業が負う
  • ・BPO:すべてBPO受託業者が責任を負う

業務量や内容、業務範囲に応じてBPO・人材派遣の向き/不向きがあります。詳しくはお問い合わせください。

総務・管理部門では、どのような業務がBPO化できますか?

日常的に発生する定型業務から、協力会社(ベンダー)との調整業務まで幅広く外部委託化できます。貴社のどの業務がBPOに適しているかを、当社が調査・分析し最適なBPO化プランをご提案いたします。

BPOを導入するには、どれくらいの準備期間が必要ですか?

「業務調査・分析」「業務委託の運用開始準備」に、おおむね3~6カ月程度必要なケースが一般的です。
※BPO化する業務内容・範囲により異なります。

業務調査はどのように実施するのですか?

事前のお打ち合わせで、業務調査の「目的」と「対象業務の範囲」を決定のうえ、全体スケジュールを策定します。
その後、調査対象の業務を実際に行っている方々への説明を経て、業務調査に着手します。調査結果は最終的に取りまとめ、レポートとして提出いたします。

まずは「業務の可視化」を行ってみたいです。業務調査だけでも依頼できますか?

はい、対応可能です。
業務調査の結果レポート内容をご検討いただき、最終的にBPO化を進めるかご判断ください。

お気軽に
ご相談ください。

お電話での
ご相談はこちら

0120-551-036

9:00 - 17:30 (平日)

各サービスの導入事例を
ご紹介しています。

サービスの資料が
ダウンロードいただけます。